Windows Longhorn Build4015 Leaked!!

 次期WindowsのCodeName"Longhorn"の最新Buildがリークされました。割と簡単に入手できるかもしれませんが、エラーが出るもの、CDブートできないもの、など粗悪品があります。私も最初に入手したのはCDブートが出来ず、インストールの途中でエラーが発生するものでした。その後にBootFix版を見つけたのでそちらを入手し、インストールに成功しました。

Let's Install !!

 前Build同様、今回のBuild4015でも、インストールの高速化が図られています。遅くてもインストールに3〜40分くらいです。インストールの方法は、4008の時とほとんど一緒です。ProductKeyは、WinServer2k3 RCのキーで通ります。

After Installation and a ScreenShots !!

 インストールが終わると、起動になります。今回は、ブートメニューでもブートスクリーンでも「Microsoft Longhorn」と出ます。また、今回は起動と終了の画面も変わりました。以下がスクリーンショットです。クリックすると拡大します。

Comment !!

 やはりまたまた動作が軽くなったように思えます。上記のスクリーンショットを見れば分かりますが、私の環境はかなり低スペックですが、XPよりほんの少し重い〜、くらいの動作をしてくれています。WinFSのサービスをとめることで、速度がかなりUPします。また、起動もこれまでよりもかなり速くなりました。ログインの画面もLonghornっぽさが出ていて良かったですwwしかし、Languageは今回も日本語がデフォルトでインストールされていなく、手動でインストールしないと使えないみたいです。また、この4015には、今回流出したバージョンのものと、WinHECで公開された研究所版の2種類があるようです。後者のバージョンはまだリークされていないようですが、もしリークされた場合には詳しい情報をお伝えするとともに、入手に成功したらReviewを載せたいと思います。

Home

 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO